自分の身は自分で守る!護身術大百貨!

ホーム > 護身術の豆知識 > 護身術を身につけるといざという時に安心です

護身術を身につけるといざという時に安心です

地方は比較的危険も少ないですが、人が多い都市部だとトラブルに巻き込まれる可能性も珍しくありません。
特に女性はストーカー被害など色々なトラブルが増えていますので、万が一に備えて護身術を身につけることをオススメします。
インターネット上にも簡単な護身術の情報は掲載されていますが、実際に教室に通って学んだ方が身につくのも早いので、是非積極的に行動を起こして最低限のスキルだけでも身につけてください。
教室の情報もインターネット上に掲載されていますので、その中から評判の良い教室を選んで通うのがベストです。
最近は女性の生徒も非常に増えており、自分の身は自分で守ると考える方が多くなりました。
もちろん全てのトラブルから守れるわけではありませんが、知っておくだけでかなり役立つことは間違いありませんので、是非短期間だけでも教室に通ってみてください。



護身術をマスターするメリットとは

護身術は、柔道の基本的な動作を用いることで、様々な場面で役立つことがあります。
特に、防犯対策のために習得を目指している女性は年々増加しており、プロの柔道家などから指導を受けることで、効率よく重要なポイントをつかむことができます。
数ある護身術の中でも、背負い投げなどの高度な技術を要するものについては、危険が伴うこともあるため、指導経験が豊富な講師の下で訓練をすることが肝心です。
また、比較的簡単な護身術に関しては、スポーツジムなどでレクチャーが行われることもあり、若い女性であっても気軽にチャレンジができるというメリットがあります。
なお、年齢や体格によって、習得しやすい技の種類は大きく異なるため、空き時間を使いながら、各地で実績のある講師の取り組みに注目をすることで、無理なく必要な知識を身につけることが重要です。



効く護身術、身につける方法とは

特に女性は夜道を歩くのが危なく、周りを気にしつつ歩かなければなりません。
心強い気持ちでいる為、護身術を身につけることでいざという時でも太刀打ちできるようにしておきます。
力が弱い女性でも工夫をすることで、一つの力で相手の男性を倒すことが出来ます。
相手に胸ぐらを掴まれた時は小指をひねるなど相手の急所はどこかを頭に入れておきます。
そうすることで力は弱まり、相手の手が開き逃げることに成功します。
目や下半部も急所なので不意をつくことで、力が弱まります。
護身術はとっさの時に、驚いて反応できなくなることがあるので、忘れないように常に練習して置くことで自分の身を守れます。
防犯ブザーと兼ねそろえて備えて置くことで、相手を油断させる為の道具としても使えます。
力が強いなら精神的に揺さぶりをかけることで相手が動揺して逃げやすくなります。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP