自分の身は自分で守る!護身術大百貨!

ホーム > 護身術の豆知識 > 護身術は暴力の道具ではありません

護身術は暴力の道具ではありません

護身術を学ぶことはその人の人生によいものをもたらすでしょう。
運動でもあり、体格差がある人物とのシミュレーションは日常生活ではまずあることではありませんし、手首を極めるだとか投げる、急所を狙うなんてことも当然ありません。
しかしそれを暴力の道具として使うことは決してあってはいけないことです。
自分が使える道具が増えたからといって気を大きくしたり、乱暴者になっては元も子もありません。
あくまでも道具の一つ、それもごくごく非常時にのみ使うべきです。
護身術を学んでいるから勇気をもって声を出すことができた、あるいは注意することができることもあるでしょう。
物怖じすることなく、冷静に口で注意しながらも相手を観察することもできるでしょう。
そうした冷静さを培うという点もあります。
まず暴力では大人の行動とはいえませんし、こちらが犯罪者になってしまうことでしょう。



護身術を身につけて自分を守ろう

日本は世界トップクラスの治安を誇っているので、他国と比べれば安心して暮らすことができています。
しかし、安全性が高いと言われている日本でも何かしらの事件が発生しているため、安易に考えるべきではありません。
そこで、護身術を身につけて、自分の身を守れるようにしておくことを推奨します。
特に身につけるべきなのは女性です。
夜に1人で歩いている女性はターゲットにされやすいので、学ぶ価値は大いにあります。
難しそうに見えますが、シンプルな動きなので運動が苦手だという方でも身につけることが十分可能です。
学ぶ際は相手を倒すためのものではない点は前提として持っておく必要があります。
女性が襲われた場合は護身術を実行しながら、逃げることが最も大事なポイントになります。
余計に手を出すのはトラブルの原因となるので避けてください。



女性も護身術に注目することをおすすめします

女性の方で、仕事帰りによる一人で歩く時など、不安に感じる方もいますし、不審者など気を付けたいこともあるため、自分自身の身を守る方法を考えていくことも重要です。
習い事をする女性の方も多く、勉強や趣味を楽しむことを始める以外にも、もしもの時に役立つ護身術を身につける事にも注目する事をおすすめします。
習うことで、もしもの時に冷静な対応ができる場合もあり、不審者から自分自身の身を守るために、無理なくできることを行えます。
護身術を習うことで、いろんなケースを想定して、頭で覚えていくだけではなく、実際に体を動かして、急な出来事でも体が覚えていると、自分自身の身を守りやすくなります。
習い事を探す時に、一人暮らしをしている女性の方など、自分自身の身を守ることができるように、護身術を教えてくれる先生のいる所をチェックしてみることも大切です。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP