自分の身は自分で守る!護身術大百貨!

ホーム > 護身術の豆知識 > 護身術と体を鍛える習慣に注目です

護身術と体を鍛える習慣に注目です

ジムに通って、体を動かす習慣をつけている方もたくさんいて、筋力を維持する事は将来の健康を守っていくことにもつながります。
筋力が衰えてしまうことにより、腰痛などに悩む方もいたりと、身体のケアをきちんと進めていくことも大事です。
ジムの中には、トレーニング器具が充実していたり、定期的にトレーナーの方など、いろんなレッスンをしてくれる場合もあります。
ヨガを学んで、柔軟な体づくりを進めていくことも大切なことですし、いざという時に使える護身術を学べる機会があれば、女性の方なども、もしもの時に活かすことができます。
知識が何もない状態と、もしもの時に使える護身術を学んでいる方とでは、不審者に遭遇した時などに対応の仕方が変わってくることも考えられます。
身を守ることができるように、護身術を教えてもらえる環境を見つけることで、安心につながります。



護身術を習って自分の身を守りましょう

深夜の一人歩きの女性が暴漢や痴漢に襲われたり、高齢の男性がおやじ狩りに遭ったり、ひったくりに遭って怪我をした等のニュースが毎日絶えない物騒な世の中ですが、これらの犯罪から自分の身を守るための方法が護身術と言えるでしょう。
護身術というのは、襲ってきた相手を制圧して警察に突き出したとか、相手を叩きのめしたとかいうものではなく、あくまでも襲われた場合に実害を負うことなく、逃げることを言うようです。
逆に叩きのめしてしまえば過剰防衛の罪で自分が罰せられてしまうことにもなりかねません。
自分の身を守るにはやはり、合気道や柔道等の格闘技の経験があれば自信が持てるかも知れません。
全く経験のない人でも、相手が殴りかかってきた場合はこう避ける、羽交い絞めされた場合は肘鉄をくらわして逃げる等、イメージトレーニングをしておくのも有効です。
最近では合気道教室等の中でも護身術教室のようなものもあるようですので、習ってみるのもいいかも知れません。
自分の身を守る術を身に着けることは大切なことです。



護身術はどこで身につけるべきか

もしもの時のことを考えて、自分の身を守る手段を得ておくとよいでしょう。
何か道具でもよいです。
防犯ブザーも今はたくさんの種類がありますし、コンパクト化されているので持ちやすくなりました。
いざという時に防犯ブザーが使えないようなことがあっては意味がないので、護身術を身につけておくのもよいかもしれません。
しかしどこで身につけたらいいのか分からない、ということもあるでしょう。
最近ではスポーツジムでも教室があったり、専門のスタジオもあるので通うことが出来る範囲で見つけてみるのもよいでしょう。
ボクシングジムでもボクササイズをしながら護身術を教えてくれることもあります。
美容と健康に効果的であり、さらに自分の身を守る方法を得ることができる、というのは一石二鳥です。
1回では身につけることができないので、通う必要もあります。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP