自分の身は自分で守る!護身術大百貨!

ホーム > 護身術の豆知識 > 護身術とは自分の身を守るための技

護身術とは自分の身を守るための技

護身術と言うのはその名の通りに、文字でもそうですが、自分以外の他人によって、自分の身が危うい時に、相手から自分の身を守るために自身から繰り出す護るための手技と言う事になります。
特に女性の場合であれば、痴漢や通り魔などから自身を守るための術と言う事になります。
当然の事ですが、痴漢や通り魔と言うのは突然に狙った相手を襲います。
後ろから抱きつかれたり、いきなり目の前に現れたりと言う事もある訳です。
けれども、その時に慌てずに、自分の身を守るために如何に動きやすく、相手の弱点を素早く突いて対処するかが自身を護る技と言う事になります。
いきなり後ろから誰かに抱きしまれたりする事もあります。
抱き着かれた瞬間に、どのような状態になっていても、相手がそこを突かれたらその状態を維持できないと言う状況に体勢を持っていくと言うのが護身術です。



護身術はケンカの道具ではありません

働く女性が増えた時代、深夜まで仕事をすることも多くなり、帰り道などに不安を抱く人も多いのではないでしょうか。
都会で働く人も住まいは、地方と言う人も多く、夜遅くの独り歩きは危険を伴うこともあると考えられます。
そんな時役に立つのが、護身術です。
術を覚えることが、それほど難しい訳でもなく、一度覚えることで、イザと言う時には必ず役立つことになると考えられます。
基本的には、殴り合いのケンカをするものではありません。
あくまでも自分の身を守る一つの方法と覚えておくべきです。
ですから、護身術を覚えたからと言って、暴漢を待ち受けてもいけません。
相手が油断している時に、効果があるものと知っておきましょう。
そして戦うための武器でもないと知るべきです。
反撃を与え、逃げる隙が出来た時には、逃げることも良い方法と知っておきましょう。



護身術の主な特徴・習得のメリット

万が一の時に自分の身を守ることが出来るのが護身術です。
技をかけてくれる相手がいないと練習にならないことから、専門の方から直接教わらないとなかなか習得出来ない特長がありますが、モノにすれば今後の自分のためになります。
ただ、案外知られていない部分では、災害から自分を守るためにも活用出来ます。
具体的にどんなものかといいますと、後ろからいきなり羽交い絞めにされた時に相手の腕をふりほどくことなどが主な技能です。
こんなことは生活上滅多にありませんが、いつ誰にその事態が起こるかは分かりませんので、習得する価値が十分にあります。
関心があれば教室探しをして、実際に体験してみることから始めてみてはいかがでしょうか。
今後通うかどうかはそれから判断すれば良いことです。
また、教室は1つだけではないので、1つ目が自分に合わなくても根気よく探してみましょう。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP