自分の身は自分で守る!護身術大百貨!

ホーム > 護身術の豆知識 > 習い事を始めるなら護身術もオススメです

習い事を始めるなら護身術もオススメです

毎日家と職場を往復しているだけでは、味気ない毎日になってしまいます。
自分の世界を広げるために、習い事を検討するのもオススメの方法です。
女性に人気の習い事といえば、ヨガや料理教室などが挙げられます。
少し変わったところで、護身術について学んでみるのも良いでしょう。
護身術とは、いざというときに自分の身を守るための術を学ぶ教室です。
少し敷居が高いイメージもありますが、防犯意識の高まりから、積極的に学ぶ女性も増えてきています。
いざというときに助けを求めたところで、周囲に人がいるとは限りません。
自分の手でなんとか切り抜けられるよう努力しておくと、より安心できます。
護身術にはコツがあり、体力がない女性でもスムーズにこなすことができます。
もちろん体を動かすことにもつながるので、リフレッシュ効果も期待できます。



護身術は自分の性格に合ったものを選ぼう

日常暮らしている中で、自分の身一つでトラブルを避けないといけない状況は意外と多いです。
残業のため夜中遅く歩いて帰らないといけないとか、あまり治安のよくない場所に仕事で入らないといけない状況の場合、避けて通ることはできません。
この時なんらかの護身術を知っておけば、ダメージを最小限におさえた上でトラブルをやり過ごすことができます。
空手や柔道、カンフーやテコンドーなど、最近はかなり多くの格闘術が通信教育などでも学ぶことができますが、女性や子供でもできて大人の男性を相手にできる護身術が一番です。
合気道をベースにして、少ない力で大きなパワーを出すことができ、相手に与えるダメージも最小限なので、トラブルを避けやすくなります。
何かと物騒な世の中なので、誰もがある程度身を守れる能力は身に着けておく必要があるでしょう。
その時これは有利です。



護身術を身に着けて自分を守るのが現代風だ

どんなに平穏な人生を送っている人も、なんらかの理由で危険な場所に立ち入ることやふりかかる人的トラブルから身を守る必要があります。
人間は自分が持つ潜在的な力を高め、格闘術などを知らずに磨いたり、危機回避のための行動をとっさにとります。
護身術はセキュリティサービスや警察官など特殊な仕事をしている人たちが身に着けている術ですが、犯罪が身近になった現代において、一般人が身に着けておいてもおかしくありません。
格闘術などは積極的に相手を倒すための技を磨くのが目的ですが、これは相手の力をいなし、安全な形を作るのが目的の技術です。
護身術を身につければ、いきなり暴漢に襲われたり、なんらかのトラブルに巻き込まれても最小限の被害で済ませられる可能性が高いです。
これは、相手の攻撃能力をそぎつつ、ダメージを避けることができるからに他なりません。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP