自分の身は自分で守る!護身術大百貨!

マガジム

  • レーダーチャート

    5

マガジムではイスラエル軍で開発された接近格闘術「クラヴマガ」を学べことができます。特徴としてストリートファイト(実戦)を想定していることにより、武器に対する護身テクニックが大変優れていることが挙げられます。

クラヴマガのブラックベルト(黒帯)保有のインストラクターが国内最多の4名在籍しています。指導経験もトップなインストラクターたちが、クラヴマガのトレーニングを楽しく・激しくリードし、護身に必要な技術とマインドを伝えます。

12のクラスを選ぶことができ、初心者から上級者まで応えることができるクラス構成を置いています。パンチやキックなどの打撃や護身術の基礎を学ぶクラスからスパーリングで闘うクラスまで幅広いクラスがあります。

『剣』Tsurugi

  • レーダーチャート

    5

護身術を習うことができる場所は多く、さまざまな方法で身も心も強くすることができます。このランキングでは、護身術を学べるスクールをランク付けしています。サポートや習い事としての魅力なども記載しています。

『剣』Tsurugiは護身術を知らない人でも気軽に学べる人気のスクールです。身を守る術を身につけたい人は勿論、メンタル面を鍛えたい人にも向いています。簡単なことから徐々に学んで行くことができるので安心です。

『剣』Tsurugiでは体験も可能になっているためまずは、どんなことをするのか雰囲気を知るために訪れることもできます。もちろん、本格的に護身術を学びたい人にも最適です。

不二流体術

  • レーダーチャート

    4

不二流体術を学ぶことにより護身術を身に付けることができるので、護身のために稽古に励む女性が増えています。自分の身は自分で守る必要があるので、しっかりと不ニ流体術を学んで力を付けている女性が沢山います。

不二流体術を学ぶことによって護身術を身に付けることができるのでそのおかげで助かっている人が沢山いますが、それだけではなく不ニ流体術の特徴は一歩前に出ることなのでこのキーワードにより人生を生きるヒントを得ることもできます。

不二流体術を老若男女問わず多くの人が学んでいますが、入会金は年会費はそれほど高くはないので気軽に通うことができます。ただ一般の人と大学生や中高生の入会金や年会費の額は違いますし総本部道場と宗家直轄道場で月謝の額も違うので、その点は十分に注意する必要があります。

カパプ防衛館道場

  • レーダーチャート

    3

カパプ防衛館道場は近接戦闘術であるカパプ・ディフェンドの道場です。カパブとは銃やナイフで武装したテロリストから身を守るために開発された、イスラエルの軍隊格闘技です。カパブ・ディフェンドはカパプを基に考案されたカパプ防衛館のオリジナルの護身術で、実戦に対応しています。

カパプ防衛館道場の代表はイスラエルで直に学び、イスラエル国際カパプ連盟および米国アヴィ・ナルディアアカデミーが認定する、日本人最高位資格を持つインストラクターです。カパプ防衛館は豊富な実戦経験を持つインストラクターから、実戦護身術を学べることができます。

パンチ・掴み・首締め・キックなど素手による攻撃を阻止する技術を学んだり、様々な凶器を用いた攻撃から身を守る技術を学びます。また複数の敵に襲われた場合の防御法・戦闘法を学びます。

今井道場

  • レーダーチャート

    3

今井道場では、護身術を教えています。護身術とは、自分の身を守ることで決して相手を倒すことではないと言うことが掲載されていてとても信頼できます。近年の日本ではいつ自分が事件や事故に巻き込まれるかわかりません。

自分の身は自分で守るぐらいの気持ちが必要かもしれません。今井道場では、女性でも安心して護身術を習うことができます。コース、内容、入会の案内、実際に習われている方々の声などが掲載されていてとても理解しやすいです。

気持ちも引き締まり術も習えて自分のために役に立てそうです。メンタル面でも強い精神力がつきます。女性の方でも強くたくましく生きていく時代となっていくことでしょう。

YSPC

  • レーダーチャート

    3

「争う前に話し合え」とはよく言われますが、口ではどうしても解決しないこともあります。いきなり暴漢に襲われたら身を守らなければやられてしまいます。いざという時に役立てたい、YSPCはそんな人のために身を守る術を教えてくれます。

YSPCでは自然体での動きをもとにし、武術の常識を覆すような独自のコンセプトに基づいた実践的な護身術を教わります。自己防衛だけでなく、YSPCでの考え方を日常生活にも応用するということを念頭に置いているため、護身術以外にも多くのことを学ぶことができます。

体を動かす実技演習、理解を深めるためのセミナーなど多くの科目が用意されています。レッスンの再受講も認められており、再受講の際には割引サービスを受けることができます。完全予約制のため、気になる人はまずは予約をしましょう。

夜道では女性一人は危険

インターネットなどの電子犯罪などが横行する世の中ですが、それでも自分の身を守るための方法として護身術を知っておくと安心できます。
特に力の弱い女性などは、男性に襲われることになるとどうしても歯が立たないことが多く、力負けして犯罪やトラブルに巻き込まれる可能性があります。また不審者や変質者などもいつどこで現れるのかということもありますし、何よりもトラブルに巻き込まれない意識をもって生活をすることが大切なことです。
自分のみを守るために知っておいたほうがいいのは、いきなり肩などをつかまれたときや馬乗りになられたとき、後ろから覆いかぶさられたときなどもありますので、対処方法を知っておくことです。

肩をつかまれたときに対処したほうがいいのは、まずつかまれた肩の腕を大きくあげます。
そうするとつかんでいる相手の手が離れますので、まずはすぐにつかまれている状況から脱出することです。またはつかんできたらすぐにしゃがみこんで、手を離すこともできるのでそのときの状況に応じて対処することになります。
つかまれた時点で急に引き倒されることがあるので、つかまれたらすぐに行動に移すことが大切です。といっても、なかなか急にはできないですから、日常から練習をしておく必要があります。これらの状況では、人がいればすぐに相手にしてできることなので、練習をして対応することができます。特に暗がりに住んでいる女性であればトラブルの確率が高くなりますので、少しでも練習をしておくことです。

後ろから抱きつかれた場合には、まず手が動かせる状況であれば、肘で相手の脇腹からみぞおちにかけて肘を打つことができます。
その状況で肘を当てることができると、まず相手の腕が外れますので逃げることができます。またガッチリ抱き疲れた場合には、頭を後ろに反らせて相手の顔面にぶつけることができます。男性と女性では男性のほうが体格が大きい場合が多いですから、しっかりと頭を前に倒してから後ろにぶつけると効果的になります。
ただ気をつけたいのは、軽くぶつけるだけでも効果がありますので、強くやりすぎて自分も痛めないようにすることです。もちろんトラブルに巻き込まれる状況にならないに越したことが無いですが、そのまま無抵抗で痛い目にあったりするよりも、抵抗をしていくことで相手が逃げる場合もあります。
どのような場合でも抵抗をするだけであきらめる人もいますので、変質者には有効だといえます。

カテゴリ

PAGE TOP